その茶殻、捨てる前にちょっと待った!!

おいしくお茶を飲んだあとは満足して茶殻はポイッ。
なんてことはありませんか?

実はその茶殻、暮らしの様々な場面で活躍してくれるアイテムになるんです。

 

<まずはじめに>

使い終わった茶殻は、
何もせずに置いておくとどんどん腐敗していってしまいます。

→詳しくは宵越しのお茶は飲んではいけないの??

茶殻を再利用する際は、出し殻の水をよく切り、
新聞紙や網状になっている細かいざるのようなものの上に広げ、乾燥させましょう。

もし、乾燥を早めたい場合は電子レンジなどで数十秒加熱してもOKです。

<気になるニオイ・汚れに>

■玄関に

ニオイの気になる靴箱や自分の靴には、
伝線したストッキングなどにくるんだ茶殻を入れておけば消臭&乾燥効果が期待できます。
湿気が溜まりやすい押し入れやタンスなどにもおススメです。

■冷蔵庫に

冷蔵庫は口に入る物を保管する場所だから、科学的な消臭剤は使いたくない。
そんな場所でも、茶殻なら安心です。
コップやストッキングに包んだ茶殻を冷蔵庫に入れておくだけで、消臭してくれます。

■シンクや洗い物にも

出しパックのようなものに茶殻を包み、洗剤で洗う前にゴシゴシすれば、
軽い油汚れやニオイもとれ、洗剤も節約出来るのでおトクです。
また、魚焼きグリルの受け皿に茶殻を入れて使うと魚の油分を茶殻が吸着し、
洗い物が楽になります。

<こんな使い方も>

■肥料にも

植物や野菜を育てている方にオススメなのは、
天然素材の茶殻を土に混ぜると分解されて肥料にできます。
茶殻にもタンパク質などたくさんの栄養素が含まれているので良い肥料になります。

■茶殻枕にも

お茶の持つ抗菌・脱臭作用を利用し、
茶殻をよく乾燥させ枕に詰めると肌ざわりの良い枕のできあがりです。
ほのかにお茶の香りがするので、お茶好きの皆さんにはリラックス効果も。

たくさんの茶殻が無くても、少量の茶殻を乾燥させてガーゼ等に包み、
枕の中に入れるだけでも効果が期待できます。